2才、3才、4才の幼児へのひらがなの教え方と順番ですが、少しでも言葉を話せるようになると、もう覚えれる状態です。幼児(3~4才)の幼児にひらがなを教えてあげると、文字は書きたがるし、本も自分で読みたがる。出来る幅が大きく増える1つです。ひらがなは早く教えれば教えるほど、1年後には大きな差になります

幼児にひらがなをおしえる時期と順番

2歳半の時。本を読む真似。文字、ひらがなを覚えたいサイン

娘は
言葉を覚える、
話し始めるのがおそく
心配していた
のですが、

2才~2才半頃に1人で本を読むマネをしていて、
文字(ひらがな)を適当に真似し始めた時に 

”チャンス!!” と思い、始めました

 

確実に興味を持たせる方法
幼児に本(ひらがな)に興味を持たせる簡単な方法は
普段から親が本を読んでいる姿を見せるのが
一番確実でいい
と思います。

 

2歳半で興味を持ったのは、パパのビジネス本

幼児は親のマネが大好きで、携帯とかもマネしますよね。

そして、絵本を継続して読み聞かせてあげるの。

何才とか関係なく、本や文字に興味を持った時が最大の教えるチャンスになります。

 

ひらがな&読書練習
4才なりたて

2歳半~3歳でひらがなを読める、書けるようになった事で、
出来る事が沢山増え


自分でお気に入りの本を読んでみたり
(たどたどしいですが)
お菓子の袋を読んでみたり、
手紙を書いてみたりと、
一気に脳の中で何かが繋がった感じがしましたので、

ひらがなも、早ければ早い方がいいと思いました。

 

成績がイイ子の親が実践している
『10の鉄則』

 

幼児へひらがなを教える、はじめにした事

本に興味を持たせれたので、
次に本屋に一緒に行き

「あいうえお」

という本を購入し、
読み聞かせつつ
私「あ」、
娘「あ」
と言ってから内容を読んであげる感じです。

 

文字に興味を持った時、初めにしたこと。一緒に本屋に行って、楽しく覚えていける本を探した

始めのうちは色々混ざっていましたが
何度も読み返すうちに「あ~ん」まで覚えて、

ページをめくると、
娘「か~」
と言ったりして一文字ずつのひらがなを
読む事が出来るようになったので、教える・・・

というよりは、
一文字が分かりやすい本を、
一緒に見ながら何度も読んであげて、

口に出させて言っていたことで覚えた
という感じです。

覚えた事は、アウトプットさせるのも教え方

チャンスを見逃さない。覚えたことはやりたがるのが幼児

本に書いてある大きな一文字をみて
「あ~ん」
まで言えるようになってから、

ふと、落書きをしている時に、
娘が書いていた紙に文字を書いてあげたら、

文字を書いて手紙のマネごとを始めたので、
これはチャンス

という事で今まで読んでいた本の
大きな文字を一緒に指でなぞり始めました

一緒に指で大きな文字をなぞってから、
内容は私が読んであげて・・・
を5~6回繰り返して、
いよいよ書く練習に入りました。

幼児にひらがなを書けるようになる教え方
2才~2才半

指でなぞっているだけではイメージをしているだけで
全然書けるようにならないので、

幼児が“読みたい
”“書きたい”
と思っているうちに
鉛筆等の残るものを使った練習に入るといいです。

 

書きたい、気持ちをスグに形に、やりたい時が伸びる時

好きなように書かせる
まずは鉛筆になれるために今まで読んでいた本を、鉛筆で上からなぞるといいです。

はみ出さないように大きな文字をなぞるだけなので、2才児でも遊びながら楽しめます。

 

で次に使ったのが、子供用のひらがなのドリルです。順を追ってやると、スムーズにできるので楽でした。

 

私は初めが肝心だと思うタイプなので、
2才とか関係なしに、
鉛筆の持たせ方は、初めて持った時からちゃんと
させていました。

幼児にひらがなを教える時は
子供の気持ちと目標が大切

2才半~3才の幼児なので、
飽きるのがかなり早いですし、
遊びでやっていたらコロコロと変えちゃうので。

ですが、無理強いはよくないです。

 

幼児なりの目標を作ってあげる。娘は1才から保育園・・・。先生に手紙をかきたい、が目標でした。

なので、何度もお話のうえで、
「手紙を書きたいならちゃんと練習しようね」
と、

自分がしたいからしてるんだよ!!
というスタンスでやる気を続かせる
のが大切です。

もちろん、できるようになったら、褒めるし、
書けるようになった字ばかり書きたがるので
沢山書かせてあげる。

 

2才半~3才なので、すぐ近くに座って、
書き順等を教えながら書いていくのは当然ですが、
親からみるとはじめての
“勉強”
ですが、子供にとっては、なるべく

“したい事をしてるだけ”となるように進みます

ドリルの「あ~ん」が書けるようになったら

幼児がやりたがるうちに。遊びの延長で何度も書いて遊ぶ。2~2歳半だったので、一緒に遊んでました。

ドリルでなぞる
「あ~ん」

“あ~ん”
を見ながら書けるようになったら、
次は何もない白紙の紙に
「あ~ん」
を書く練習をします。

このレベルでは、
キレイには全く書けないので、
落書きの延長で一緒に書いて遊ぶ感じ
です。

 

私「あ」と言って、
娘「あ はこう」という感じで
文字を見ずに書いていくのですが、
当然今までのようにすぐ近くに手本の文字がないので、書けない文字もたくさん出てきます。

 

思い出させるより体で覚えたほうが早い
そういう時は、
すぐに横から書いてあげます。

私「き」、
娘「き?どうだっけ?」、
私「こうだよ」
という感じでさっと教えて文字を見せて
書かせてを繰り返したほうが

2才半~3才なので、思い出させたり、
考えさせたりするより早い
と思います。

ひらがなを順番に書けるようになったら

ランダムにかけるように、言っては書く、言っては書くの繰り返し

次はランダムに、
言われたひらがなを書けるようにしていきます。

まだ遅いかもしれませんが、この状態でもひらがなの本であれば
「む・か・し・む・か・し・・・」
とランダムでも一文字ずつ読めるのですが、

ランダムに“書く”となると、
なかなかまた別なので、

私「く」、
娘「く」書く、
私「な」、
娘「ママの“な”だね」、
私「3」、
娘「3?ん?」

という感じで、
ランダムに言ったひらがなを書けるようにしていきます。

 

苦手な文字は
なかなかすぐに書けるようになりませんが、
まだ2才半なのと、
読めるけど書けないだけなので、
読み聞かせをしながら、

当てるゲームの感覚で進めるといいです。
※といっても子供の遊び用机でもいいので座ってちゃんとやる

ひらがなを使った遊びで
幼児に教える教え方

ここまでくると、2才の子供でも落書き帳等に、
意味不明な文字を書いたりして遊びだすので、

次に、すでに興味を持っている、

知っているものを書いて、
文字から単語、文に慣れていきます。

 

まずは本人名前をフルネームで、
続けて書けるようにして、
次に私、パパ、託児所の先生の名前等です。

いざ書くとなると、2才半~3才くらいの子では、
なかなか書く単語が出てこないので、

私「好きだよ」
娘「す・き・だ・よ」

と一文字ずつ書く感じで進めていきます。

 

この時に、
子供には口で言いながら書かせるといいです。

教えたひらがなを使って幼児が文を書く

ここまできていよいよ手紙が書ける準備ができました。

娘は託児所の先生に手紙を書きたいと2才半くらいから言っていた。

 

2歳半で目標が叶った初めて先生に書いた手紙

ですが、
文自体は作れないので、娘に気持ちを聞いてあげて、

娘「先生が好きなの」
私「なんで」
娘「やさしいから」
私「どうしたいの?」
娘「手紙書きたい」
私「嬉しかったことはなに?」
娘「ぎゅってしてくれる」

・・・と色々聞き出し
“大好きな○○先生 ギュッとしてくれて嬉しかったよ 手紙書きたかったよ”

聞いた話を簡単にくっつけてあげて、
それを私がゆっくり言ってあげて、
娘が書いていた
のが、
2才半の娘の初めての文であり手紙でした。

 

書けるようになってからは、たくさん書き、
まだまだ3才くらいまでは、
手紙となると、1人では全然書けませんでしたが、
少しずつ、気持ちをくっつけて書けるようになってきました。

 

ほめてくれる人に沢山渡して褒めてもらう
託児所の先生は、

手紙をもらうと喜んでくれるので、
それが嬉しくて、また次、また次と手紙を書いて


託児所を卒園する時には(3才)、
まだまだ短いことばの集まりですが、
書けるようになってきていました。

幼児にひらがなを教える順番

ここまで書いたのを簡単にまとめると

①幼児に本等で文字に興味を持たせる

親が本を読んでいる姿を見せたり、
読み聞かせをして
“読みたい”
という気持ちをつくり、文字に興味を持たせる。

幼児に本に興味を持たせる方法。1・親が本を毎日読んでいる姿を見せる。2・いつも手の届くところに本を置いておく。3・読み聞かせの時一緒に楽しむ

②興味を持ったら“あいうえお”の本を一緒に読む

“あ” “い”と
大文字だけは声に出して読ませ、
内容は読んであげて、
まずはひらがなを見てなんとなく読めるようにする。

ここでは一度で覚えるのを期待しずに、
何度も一緒に読み返して
「あ~ん」
はひらがなを見て読めるようにします。

ひながなを覚えるのにお勧めの本。実際に娘も使っていたほんですが、”おいしい あいうえお”写真の本がお勧めです。2歳半なので、知らない食べ物も楽しく覚えれて、写真があり、親としても説明しやすかったです。

③紙に得意な字を書くくらい興味を強くする。

何度も読んで覚えてくると、自分から
“い”

“こ”
を書き出すので褒めながらみてあげる。

自分から書き出すのを待つ。待つといっても、鉛筆やクレヨン、ペンを渡しておけば、スグに見様見真似で書きたがります。文字としては全然違ったり、似てなかったりしても、2歳児なので、褒めてあげれば沢山書きたがりますね。

④次にランダムに「あ~ん」を読めるようにする。

“あいうえお”
の本のひらがなを指をさしたら、
“け”
“ら”
“さ”
等と、ランダムで読めるようにする為、
本のページを順番ではなく、
ランダムに聞いて一緒に読む。

ランダムにひらがなを読めるようにする。今までの様に、あからんの順番でなく、ランダムに開いたページの大文字を読むゲームをします。読めなかったら、スグに教えてあげて、ここで、文字をランダムに見て読めるようにします。


この時点では、分からなくてもスグに教えてあげて、とにかく何度も読んで言えるようにする感じがいいです。

無理に思い出させようとすると、
本自体を嫌いになっちゃうので気を付けます。
(また、今度も書いたりしていくので、大体覚えてればいいです。)

⑤指で本のひらがなをなぞる

「あ~ん」の順番でいいので、
まずは本のひらがなを指でなぞる。

出来るようになったら、鉛筆でひらがなをなぞる。

文字をなぞって覚えていく段階。まずは、ひらがなを完璧に読めるようにするのも含め、口で文字をいいながら指でなぞって書き順を教えます。2歳半で鉛筆をもって、ちゃんとやった事がない状態なので、まずは座って指でなぞって一緒に言って遊んでる感じで。次に初めてちゃんと鉛筆をもって文字をなぞっていきます。初めてなので、椅子に座って本をなぞる遊び(練習)です。こんな大きな文字もはみだしますが、きにしずに進みます。


ここまでで、何度も文字を見て、
読み、指でなぞり、鉛筆でなぞってきたので、
ほとんどのひらがなは見ながらなら書ける
(なぞれる)し、
ほぼ完ぺきに読める状態になってます。

⑥ドリルで「あ~ん」を書く練習をする

売っているドリルで
“あ”
の手本を見ながら
一つはなぞる、一つはマネして書くような感じで、
書けるようにする。

なぞる本で練習する。見て読めるようになってはいるものの、何もなしではまだかけないので、なぞる遊びで。私は消しやすいペンのを使ってましたが、インクのにおいが気になる方は鉛筆のもあります。


ここで、ある程度遊び(練習)して、
次の白紙に書く準備にそなえて、
ちゃんと文字を教えるイメージで、
一緒に言いながら書く・・ を繰り返します

⑦白紙の紙に「あ~ん」の書き方を教える

手本を見ずに書けるように、忘れている時は教えながら、
「あ~ん」
を何も見ずに書けるようにする。

ひらがなをかけるようにする。何も見ずに、あーんを順番にかけるようにしていきます。初めての事なので、うまくいかない事もありますが、とりあえずは、なんとなく文字に見えればいい感じで。当然、覚えてないのもあるので、その都度、ノートに書いてあげ、教えてあげながら進みます。6才になった娘に2歳半の時を再現してもらってますので、当時はもっと文字が汚く、読めるかどうか…の瀬戸際でした。


ここでしっかり、
あ~ん
の順番でいいので、
何も見ずに、書けるようにしておきます。

⑧ランダムにひらがなを書けるようにする

言ったひらがなを、
サッと書けるようになるまで、
遊びやクイズみたいな感じで進める。

ランダムにひらがなをかけるようにする。次にランダムにかけるようにするために、私、あ、娘、あ、と言って書く。私、り、娘、り 、と言って書く。といったゲーム感覚で、ランダムに言ってあげ、スグにひらがなをかけるようにしていきます。

⑨ひらがなを使って遊ぶ

単語や名前、短い文、気持ちを親が言ってあげて、ある程度続けて書けるようにします。

一文字ずつでなく、単語で書く練習を。次に1文字ずつでなく、短い単語で書いて遊びます。私、ありがとう、娘、あ・り・が・と・う・と言って書く。私、おかし、娘、お・か・し・、と言って書く。といった感じで、短めの単語をかけるようにしていきます。ここまでくれば、2歳半でも絵本なら読める状態なので、私が読む、次に娘が自分で読む・などして遊んでました。

 

ひらがなを書けるようになるのと同時に、
絵本等であれば、年齢関係なく、
2歳半でも自分で読める状態になるので
(たどたどしいですが)

1行ずつ読みっこしたりして、
文字を読むのも早くなる、
ひらがなを書くときに思い出しやすくなる・・・ 
という感じにしていまいた。

 

早い時期に文字を読める、書けるようになると、
出来る事が沢山増え、好きな本を選ぶことや、
1人でお気に入りの本を読むこともできるので、

グッグッといろいろな面で成長しました。

⑩手紙を書いてみる

もらったらすごく喜んで褒めてくれると分かっている人に、手紙を書いてみる。
(気持ちを聞いて、親が復唱してあげて子供が書く)

喜んで褒めてもらえると、
幼児はまた書きたがる・・・を繰り返す。

こんな感じでひらがなを覚え、書けるようになり、
3才ちょっとの卒園式の時に、
先生に手紙をプレゼントしてました。

手紙で伝える楽しさを教える。次に娘の目標だった手紙の練習を。と言っても、まだまだ自分の気持ちをかける年齢出ないので、娘に気持ちを聞いてあげて、それを言ってあげる作業を私、おばあちゃんにどう思ってるの?、娘、いつもあそんでくれるからすきなのお。、じゃ、いつもあそんでくれて・・・といった感じで、娘が言ったことをユックリ言ってあげて、それを娘が描くと言った感じです。

 

ここで大切なのは、
”もらって100%喜んで、褒めてくれる人に書く”
という事です。

これを繰り返していくうちに、習い事の友達に書いたり、先生に書いたりと、ドンドン書く機会が増えていき、自分で書けるようになっていきます。

 

成績がイイ子の親が実践している
『10の鉄則』

 

2才半の幼児にひらがなを教えてよかった事

寝る時も自分で読みたがる。わからないときは呼ぶ

娘は2才~2才半ぐらいに興味をもち
2歳半~3才に教えたのですが、
早く覚えてよかった事はたくさんあり

ヘタながら
3才くらいで簡単な本は自分で読めるようになったり、 本のタイトルを見て、自分で読みたい本を選べたり、

手紙を色々な人に書いて喜んでもらえる経験をしたり・・・

 

好きな本を自分で選べる。自分で読めるようになった

ひらがなは覚える特典が多い
公文でも問題文を自分で読んで進めれたり、
車に乗っていても、
看板の文字を読んで喜んでたり、
親からすると、早い時期に社会との関わりをもてるようになってくれたのも嬉しかったです。

幼児の子供自身の遊びや学びの範囲が“グッ”と広がりました

ひらがなを読めると意味を理解しているかは別ですが・・・

読めるのと意味が分かってるかは別。意味は今から知っていく教えていく。

もちろん、
2才半や3才の覚えたての時は、
ひらがなは読めるようになっても、

意味をしっかり理解できているかは別なのですが、 読めるようになった事で、
意味も知りたがるのが幼児の子供なので、
色々知るきっかけになり、

知識も理解力もドンドンついていきました

 

そしてさらに読めるようになった事で、
一緒に書いてある数字やカタカナローマ字にも
興味を持ちだしてくれ、

結果、早く、次から次へ吸収できる幼児のうちに、
たくさん吸収させてあげる事が出来ました。

4才の終わり頃に一緒に読んでた本。これ何?なんでこの人変なことするの?風車小屋にはかてないよね。サンチョ可愛そう。この字何?死んじゃったの?毎日少しづつ読んでたのですが、質問ばかり。でも、この本をきっかけに、細かい字の本の楽しさを知ったようでした。

 

そして、
小学校前の時間がたくさんある6才になるまで、
図書館も含め、沢山本を読め、
6才時点では、こんな感じの本を読んで笑ったり
「どうしてこうなったの?」
「どういう意味?」
となるまでになってくれました。

 

その都度、教えるのが大変ですが、
分からない事はネットで調べて教えてる感じです。

5才頃に一緒に読んでた本。ドン・キホーテに味を占めて、次に選んだロビンフットもお気に入り。弓怖いね。ダルタニャン勝てるかな?赤服の人は?監督官、悪いね。弓やってみたいよ。なかよくすればいいのにね。いろいろな本を読むようになり、ピアノを弾いてる時にも、ダルタニャンが狙われとる感じ、とか、三銃士で戦っとるとこみたい、と、その情景を自分なりにイメージして、ピアノを楽しんでました。


実は私自身でいうと、
こういった細かい字の本は・・・

大人になるまで、
23才の仕事で必要になるまで
読んだ事がなかったので、驚くばかりですが・・・。
※漢字は公文でやっているだけで教えてなく、聞かれて教えているうちにある程度読めるようになった。

 

小さいころから慣れることで文字を親しめる
ですが、
文字しかない本を読んで、
笑ったり、悲しい感じになったり、
ドキドキハラハラ、興奮している娘をみると

早い時期にひらがなを教えてよかったな・・・
と思いますね。 

 

本は知識の宝箱なので・・・