3才、4才の幼児でも簡単に掛け算と割り算が出来るようになります。簡単に覚えれる、できるようになる方法とやり方、学習能力を伸ばせる教え方。同じ時期に同じことをはじめても1年後には大きな差。5才でフラッシュ3段、暗算1級、ソロバン2級。教え方の差です。足し算と引き算を教えるときは、まずは数字を覚えることが先です

3歳の幼児が掛け算に興味をもった時の教え方

娘が3才前に足し算
に興味を持ち、
教えてあげていたのですが、
2+2や3+3や4+4等、

同じ数字の時に
「同じ数字だね」
と数字を見て喜んでいたので、

これは・・・ チャンス と思い、
『2+2は2が2つあるから4だね』
「3+3は3が2個あるから6だね」が、

掛け算のスタートでした。

私からいうと、
足し算、引き算が出来るようになって、
次に掛け算をしようと思っていたのですが、
幼児には全く関係無かったようでした。

 

幼児は・・・興味持った時が教え時
幼児は同時進行

また、
足し算を覚えている最中だったので
”こんがらがらないか?”
とも思って心配だったのですが、
私の思っているような事は全くなく、

足し算と掛け算の区別がついているようです。


が、たまに公文の宿題で
「3+4=12」
とかもありましたが
「うん?」 というと、
スグに
「あっ、掛け算とまちがえた」
とか言っていたので、
足し算さえある程度理解していれば、
掛け算とこんがらがるような事はないです。

成績がイイ子の親が実践している
『10の鉄則』

 

幼児には掛け算も足し算も関係ない

結果、足し算の途中(5+5ぐらい)でしたが、
並行して掛け算も覚えはじめ、

足し算の9+9をできるようになる、随分前に、
掛け算の9×9までを暗記して言える状態

でした。

 

足し算?掛け算?幼児には関係ない

順番は関係ない
ただ、この状態では、9×9を言えるようになっただけで、
並んで積まれている四角が何個あるのか?
等の
「4×5=20 20個」とは言えても、
「4つの列が5個並んでるから・・・」
といった内容までは言えない状態で、
4×5だから20個という理解です。

しかし、毎日の生活の中で、
掛け算も使うようにしていくことで、
自然と「6個入りの袋が7個だから 42」
等と理解してたので、
理解か答えかは気にせずに、

興味を持った時に、サッと教えて上げれば、
幼児の理解は後からついてきます
ので。

幼児(3才前)が、掛け算をできるようになる期間

どれくらいの期間で、掛け算が出来るようになる?

①~⑩のやり方で、
娘の時は

3歳少し前の、
足し算の覚え途中
からだったのですが、

足し算と並行して⑩のランダムで早く言えるようになるまでで、
2.5カ月程度でした。
(この時点で小5の娘より早く、正確に答えれるようになってました。)

 

どれだけ回数をこなすかによって
大きく変わると思いますが、
私は主にお風呂が中心で

あとは朝、サッと ”言う勝負”をしてみたり、
保育園が終わってから
車の中で順番にいってみたりで、
毎日継続して、
一定の期間で掛け算を浴び続けさせた

のが良かったのか?と思います。

幼児のうちに2桁の掛け算の教え方

下で教えている、⑩までできれば、
ここからはソロバンがいい
と思います。

基礎ドリルなどを考えてはみたのですが、
小学校でやることは公文に任せていて、
家でする必要はないと思ったのと、

娘はソロバンが好きだった・・・ 

といいますか、
興味を持たせ、好きにさせる事が出来たので・・・・

 

ソロバン・暗算で、一気に右脳を伸ばす。

9×9まで言えるようになった段階で、
ソロバンや、
ソロバンの暗算に任せたのですが、

小学校入学前には
3桁×2桁(489×68)等の掛け算は、
紙も何も使わずに3~5秒で計算を出来るように
なっていて、
私では、
とうてい教えれないレベルになってました。
※私は紙がなければ2桁×1桁でしかできないし、それ以上はひっ算が必要。 詳しくはソロバンで・・・ となりますが、
タイムを計って早くなる楽しさを覚えさせるのは1つの伸びるコツだと思います。

幼児に掛け算のひっ算を教える?

私は ”ひっ算” しか掛け算では使えないのですが、
これは小学校で教えてもらえるので、
親が教える必要はないかな?と思います。
(ひっ算を使わなくても大きな数字も暗算できるので)

基本と応用を合わせて
ソロバンの方が早いのと、
幼児の内は ”脳力” を伸ばせてあげた方がいい
ので、
右脳を使う暗算や掛け算を使った遊びをした方がいいので・・。

例えば・・・どれだけある??。大切なのは、知っていることを使える事。使い方は遊びの中で覚えてく

 

また、ひっ算は9×9までを使って、
紙に書いて、9×9までの足し算だけなので、
幼児の時でなくていいと思っています。

ですが、結局、習いたいと始めた公文で、
4才ぐらいで勝手にできるようになってました

 

なんで・・答えだけじゃダメなの?

問題の下にすぐに答えを書くのはNGの公文なので、
ソロバン方式は使えず、
結局、ひっ算のやり方を覚えて、公文の宿題をやっていました。

 

娘『答えは同じなのに、なんで途中の式を書かないとだめなの?
頭の中にはあるけど、途中式かくのめんどくさいなぁ~』と、

4才ながらに不思議がっていましたが、
掛け算の基本と、暗算が出来たので、
スグにひっ算もできるようになってたので、
本人のやりやすい方法でいいと思います。
※大きな数字の掛け算、8328×6989等になると、”ひっ算”を使ってますが、ソロバンで習った3桁×2桁であれば、暗算を使ったりと、自然と使い分けているようです。

掛け算を3歳児の幼児に教える教え方

今回は足し算と違い、
答えを覚えてから理解していく方法
です。

たぶんですが、
3歳ぐらいの子にはこちらの方が確実で早いです。

掛け算の基本は・・・・ 
ほとんどお風呂の中です。

というとおかしく聞こえますが、
まだ3歳前だったので、
数として”8が7こだから・・”という内容よりも、
三角形の面積の求め方のように、
公式のような感じの方が、
結果

覚えるのも理解も早いと思ったからです。

なので、言葉遊びの一環で 
”いんいちがいち”
”ににんがし”
”さざんがく” 等、
”くくはちじゅういち”
まで同じ数字の掛け算を9つ覚えてから、
次に1の段から順に覚えていきました

①まずは興味を持たせる

どんな事でも教える時は
まず興味を持たせることが大切なので、
”掛け算の歌”でも、
(私の場合は適当な自作の歌でしたが)
”2+2、2がいっしょ” 
でも 
”3こが3つはいってる” 
でもいいので、

掛け算の元になるもので興味を持たせます

②掛け算に興味を示したら
掛け算っぽいものでもいい

興味をしめしたら、ゆっくりできる時間、
私はお風呂がおすすめですが、

「1が1つで1 いんいちがいち」 
『1が2つ いんにんがに』 
『1がさんこ いんさんがさん』 

と、指付きで一緒に言いながら遊びます。

この時、
親が先に言ってあげて、
その後、スグに一緒に言う 
という方法からスタートすると、楽しく進めます

写真はHPを作っている6才の時に協力してもらって再現してますが、実際には同じことを3歳前の2歳8か月ぐらいの時にやってました。掛け算のやり初め、まずは楽しくできるように歌みたいな感じで。この時点では、ハッキリと大きな声で楽しく!!を守って、幼児が楽しそうにリズムで言えてるかを注意しながら進めます。

 

1日目に ”×1” と ”×2” 、
2日目に ”×3” と ”×4” 、
3日目に ”×5” と”×6”

といった風に、
まずはユックリ、リズムで歌う感じでいいので、
”×1” ~ ”×9” まで一緒に歌うイメージです。

なぜ1日に ”×1” ~ ”×9” までしないかは、

はじめのうちは
1つずつをしっかり何度も繰り返して、
リズムを覚えた方が早いからです


”×1” と ”×2” をした次の日は
”×3” と ”×4” ですが、

前日の ”×1” と ”×2” を忘れていても、
まずはリズムを覚えるだけでいいので気にしません。

③掛け算のリズムを覚えたら

一度、”×1”~”×9”までを通すと
(②でいうと4日)、
「○がひとつで○ ○○が○」
というリズムを覚えますし、
気に入った掛け算を少し覚えている状態になります。

次に1回のお風呂で”×1”~×”4”までをリズムよく歌っていきます。

次の日は ”×5” ~ ”×9” まで・・。

そうして毎日お風呂で
掛け算を一緒に歌うのが当たり前にしていきます。

同時に、朝や昼、夕方などでも歌遊びの一環で
一段ずつ歌ったりして、
掛け算を当たり前にしていきます。

ここまでで7日です

④2週間ぐらい続けて、
9×9表を見て言えるようにする

ここまでで1週間ぐらいですが、
ココからは一気にいけちゃいますので、
ここまでは必ず遊びの内でやってください。
(嫌いになっちゃうと進まないので) 

次に、今までの
「○が○こで○」は、
足し算をやっていたので、
混合しないように言葉で分けていたのと、

ある程度の掛け算の理解の助けとしてやっていたことになるので、
お部屋で四角い積み木などで
「2こが2こあったら4個」
等と、並べながら歌ったりして
イメージと現実で見せる事で

”そうなんだ”

程度で今はいいです。
 

たとえば、
”9×9=81”だと、
81個のブロック・・・は、
時間がかかりますので必要ないです

視覚的に少し理解をいれていく。いつも楽しく歌っている掛け算の歌で、何がどうなっているのか。何年もしないうちに、自分で難しく並べて、自分で計算して遊びだすので、その元を見せる程度。

 

6歳の現在は258×32を暗算でしますが、
現実にモノを見せての理解は無理だし、
必要ないと思います。

想像できればいいので

 

なので、
小さな数で4×2=8、8個のブロックをみせて
””本当だ””
という理解でいいです。

ここで、はじめて、私たちの知っている掛け算の
”いんいちが1”
から
”いんくがく”
に入っていくのですが、

ここでは、まだ
遊びの要素を強くした方が進みが早いので、
まずは
お風呂で、
大きな掛け算シートを使うのがお勧め
です。

 

1×1=1 を見ながら 
『いんいちがいち』
と指をさして言っていくところからの
スタートになります。

 

いきなりここからされる方も多いと思いますが、
3歳前の幼児は飽きやすい子も多いので、
まずは歌の要素を入れて入って、

歌の延長だよ~ 

というイメージを持たせた方が
楽しんでやってくれる上に、覚えも早いです。

ここに書いてある①と②と③の順番がお勧めです。
(3歳前から教えている場合なので、もう少し大きければいきなりここからでもいいと思いますが・・。) 

 

ここまでは一緒に
また、
ここまでは一緒に言ったり、
指をさしたりの共同作業
ですが、

次の⑤からは1人の作業になる

ので、ここまではしっかり頑張ってください。

なので、お風呂での掛け算シートを使って、
1日目は1の段を一緒に何度も言う。
2日目は1の段を サッ と終わらせて、
2の段を一緒に何度も言う。
3日目は1と2の段を サッ と終わらせ、
3の段を一緒に何度も言う、。 
と9日間で9の段まで行きます。

ここまでで、

1の段は9日、
2の段は8日、
3の段は7日、
4の段は6日・・・ 
と繰り返したことになりますので、
簡単なものは言えるようになってます。

見たままの2×3=6「にさんがろく」とかです。

ですが、言いにくいものはまだ言えないので、
言えない部分を 

”見て” 

いえるようになるまで繰り返します。

9×9表をつかって覚えていく。ここでようやく九九表をつかっていくのですあg、お勧めはお風呂ですることです。


お風呂だけでなく、
これも、朝、夕、と、遊びの範囲でいいので、
やっていくと早い
です。

ここまでで16日目になります。

⑤9×9表を見ずに言えるようにもっていく

9×9=81「くくはちじゅういち」まで、
表を見ながら言えるようになったら、
次は表を見ずに言えるようにするのですが、

言いにくい部分を何度も練習しているので、
思っている以上にみずに言えるようになってます。
(今までやっているのは1つ1つ後で役に立つ。) 

 

やり方の1つとして、
まずは1の段を見ながら言って、
すぐに表を見ずに1の段を全部言う 。

言えたら合格として
お風呂の中におもちゃを1つ入れて、
どんどんふやしてく!
とかも楽しくできる方法ですね。

次に2の段を見ながら言って、
スグに表を見ずに2の段を言う・・・を
くりかえします。

 

ここで
①や②でやってきたリズムでやると、
自然と言葉が出てきますので、
幼児はリズムが大切
です。

6,7,8,9と段が上がると、
難しくなってきますが、わからなかったら
思い出させるより、

スグに見せて、
その段をまた言い直させてから、
またスグに見ずに言う!

を繰り返した方が早いです。
(記憶として思い出す作業は大切えすが、掛け算はサッサと覚えてしまった方が楽なので)

九九表を見ずに言う練習をしていく。まだ覚え始めなので、1段ずつ、みてから続けて言う。ここである程度見ずに言えるようにしていきます。


1段ずつだけなので、
3~5日もやれば十分覚えちゃえます。

ここで5日やったとして21日目です。

⑥1~9の段までを、見ずに言えるようにする

1段ずつが見てスグに言えるようになったら、
次は、初めに表を見て、
1~9段まで続けて言って、
次に見ずに1~9段まで言う練習です。

初めから言えればいいですが、
苦手な部分で詰まると思いますので、
つまったらそこだけ教えて上げるか、
その段だけ見せてあげて、
次の段からは見せずに最後までい
きます

これをやっているうちに、
苦手な段が分かってくるのと、
言える段はさらに早く言えるようになります。

最終、まず表を見て1~9段まで言って、
その後すぐに、
見ずに1~9段まで言えるようにします。

1つ目の区切りとして9×9票を見ずにいえるようにする。ここではまだ、順に1×1から9×9までなので、何度も歌ってることもあって、比較的早く言えるようになります。が、どうしても苦手なものがでてくるので、そういった場合はこの段階では答えをおしえてあげていいです。

 

完ぺきではないにしても、
苦手な2~3個は除いて、
見ずに言えるようになるまで5日もかかりませんが、
大目に見て5日で26日で、
スピードは関係なく9×9を覚えれたことになりますね。

これはあくまでも
3歳前の子供用の教え方なので、
これが4才とかであれば、
いきなり9×9の表でいけるので、
もっと早く覚えていけます。

が、早ければ早い方がいいと思うので、
興味を持った時がお勧めです。

⑦1つの段を時間を計って、速さと正確さを

⑥までで表を見ずに
1~9段まで言えるようになりました。

次の段階は早く言えるようにして、
まだ順番ですが、記憶を完ぺきにします。

タイムを計ってあげ、
1つの段ずつで秒を計ります


計る理由は、ゲーム性を強くするのと、
前日と比べて早くなっている等の
本人のモチベーションを上げるため、
そして、親から見ての、
発揮わかりやすい進歩状況を見る為です。 

1つの段で10秒以下で言えればいいと思います。

覚えたばかりの9×9の記憶の定着と、正確さをまず為に、早さを求める。ランダムな掛け算に行く前に、九九を脳に定着させるため、何度も言うことで正確さを身に着けるため。

⑧1~9の段を時間を計る

⑦が早く、間違いがなくなったら、
次は1~9の段を連続で早く言う練習です。

この時もタイムを計ったり、親と競争いしつつ、
早く正確にできるようにします。

 

毎日、お風呂の時間と、
朝、昼、夕と何度もやることで、
アッという間に親より早くなっちゃいます

(ダラダラ数週間やるより、短期間で完ぺきに覚えた方が結果楽です。) 

ここまでは3歳前の幼児でも、
お風呂と昼のちょっとした時間で
1カ月前後で出来ちゃいます。

ですが、現段階では 
”順番”
でしか言えないので、
これからランダムに言えるようにしていきます。
(と言っても、ある程度急に聞いても言えるようになってるかと思います。) 

 

ここまでは遊びの要素を強くして進んできましたが、次は、覚えれない物、苦手なモノが出てくるので、
すこし・・・ 
やる時はちゃんとやろうね感を
強めにしてやってきます。

⑨9×9までをランダムに答えれるようにする

ここで、足し算でも作った100均のカードで、
掛け算でも同じことをしていきます。

ココが最終目的です
1×1=2 ~ 9×9=81 
を書いたカードを作り
(表に1×1を書いて裏に答えをかく)

まずは1の段だけをシャッフルして、
ランダムに応えれるようにし、
続いて、2の段、3の段、と9×9までいくのですが、
たとえば、”4×8”でわからない時は
”4×7”を聞いて 『28』と言ったら、
そこから
「4が7個で28だから、4が8個だから4が1つ、
つまり4が増えるから」
と指で4を出して、
28から4つ数えて足し算と掛け算を混ぜて 
『28だから(指4本)29(指3本)30(指2本)31(指1本)32(指0本)』
と一緒に数えてあげると、
掛け算の意味も理解できるし、

自分で考えたことによって、
次に”4×8”が出てきた時も覚えれていやすいですし”4×7”も分からなければ、4の段を言わせて、
順番で言って思い出させる作業をして進みます。

9×9の最後の仕上げ。ランダムに早く答えれるようにする。ここまで来たら、足し算と同じでカードを作り、表に1×1~9×9を描き、楽に答えを書きます。そういったときは、記憶を確実にするためと、掛け算を教えることも含め、その掛け算を理解してもらったほうが早いので、前後を聞いて教えていきます。


ランダムにしたとたん、
答えられない物も出てきますが、
はじめのうちは上記のやり方で、
多少時間がかかっても考えさせることで、
早く理解し、答えれるようになります

⑩生活に落とし込んでいく

覚えたものは私生活の中で、遊びの要素を含めてどんどん使っていく。覚えたての3歳前後時は、ゆっくり見守りつつ使い方も教えてあげる。

ランダムでも
9×9が早く サッ 
と答えれるようになったら掛け算は完了
です。

ここまでできてから、四角いブロックなどを、
縦5つ、横7つに並べて、

『1列に5個あって、それが7段あるから・・・』
幼児「5、7、35 35個」等と、

掛け算を使った遊びで、
理解を深めていくといいと思います。

 

普段から使う場所を教える

そうしていくうちに、
行事で体育館や、コンサートホールに行った時、
駐車場などでも、
計算して人数をだしたりして遊べるようになります。

成績がイイ子の親が実践している
『10の鉄則』

 

幼児への割り算の教え方

割り算に関してですが・・ほとんど教えていなくて、『掛け算の逆』といった感じでスタートしました。

4×8=32 → これが 32÷8=○ 
とかなので、
あまりが出る問題でなければ、
掛け算の逆算ででるので、
とりあえずはその状態で、
ソロバンである程度出来るようになってから、
余りを含め、やって行くと、効率がいいです。

掛け算の教え方で思う事 幼児の教えるコツ

3才前の幼児なので、
初めから理解させようとしたり、
計算させようと教えるよりも、
幼児が楽しんでやれる”言葉”を中心に考える
といいです。

なので算数や数学としては見れませんし、
勉強という感じがしませんが、
言葉で覚えるのは凄く早いので、
言葉で覚えてから数字におとしていくのが、
幼児に教える時の1つのコツかな・・・・と、
やっていて思いました。

いきなり数字じゃなく、言葉で覚えてから数字に変換。幼児に合わせて楽しくゲームみたいに進める

 

また、その方が話しながら楽しく進めて、
分かってから書くので、

書くのが嫌いにならなくてすみますね。

 

早い時期に教えると、その先も早く進める
これが4才、5才であれば、
はじめっから
掛け算表 → 掛け算カードでランダム で、
あっと言う間に覚えれちゃうと思いますが、

幼児の1年はかなり大きいので、
その1年で
いろいろな事ができるようになる事を考えると・・・ 

やっぱり早い方がいいと思います。

幼児が掛け算を覚えた結果

普段の生活で使っていく事が大切なので、
いろいろ工夫したのですが、
小さいころ(3歳前後)
掛け算ができるようになった事で、

ソロバンも楽しく進めていけたようですし、
駐車場で車の列と台数をかけて
何台あるか数えてみたり、

4歳ぐらいの時は、
ご飯を食べに行ったら合計して、
来た人数で割って、
1人ずつの料金を出したりして、○○○円だね

生活の中で掛け算や割り算を楽しんでました

 

私は数学が・・・計算が苦手だったのですが、娘は計算が得意になってくれ、結果、数学も好きになってくれ、それによって、考えれる幅が大きくふえたのは、非常に大きかったと思います。

 

また、年齢関係なく、
幼児が興味を持った時に教えてあげるだけで、
非常に楽に覚えてくれますので、
やはり・・・ 

脳が求めていることを(知識欲)、
教えてあげる事と、
幼児がそれを求めたくなるような環境を作り、
興味を持たせることが、

まずは何よりも大切ですね。