3~4才の幼児への公文の教え方で、3学年以上先に進ましていただけるように勉強する。公文は先取りしないと意味がなく、娘は、小学校の予習として始めました。一番大切なのは、先生で、幼児の能力を伸ばせるかどうかが大切です。

幼児の能力に合わせて進める
公文の教え方

娘の場合ですが、3歳の時に、
以前から、よく家に送られてきていた

”しまじろうのチャレンジ”

をやりたい!と

なぜ、公文なのか?理由は簡単。脳ry苦に合わせて進めれるから。

言い出したのがキッカケで、
やるなら何がいいんだろう??
と考えた末、

年齢でやるものでなく、
各個人に合わせた能力で進んでいける習い事
がいいなぁ・・ というところから、
公文の資料(子供にもわかりやすく説明)を見せてあげ

『公文がいい』

と言ってやりだしたのが始まりでした。

 

家で最低限出来るようにしてから
3歳時、
算数は足し算掛け算の基本、

国語はひらがなを読め、
書ける状態で公文の算数と国語を始めました。

英語は4才半からで、
A~Zとローマ字が言える&書けるだけの状態でスタートです。

 

結果・・・・ 
”やってよかった”
と思いますし、

目に見える効果もハッキリ出ました。

公文認定テスト
算数・5才11ヵ月
公文英語・プリント
5才11ヵ月時点


学校に対しての勉強は公文に任せたので、
私自身がやってあげる内容を考えなくてよかったので、時間を大きく節約でき、

さらに、

小学校入学前の不安が全くなくなった、
勉強の習慣がついた

と、幼児の公文は私的にはかなりお勧めです。

成績がイイ子の親が実践している
『10の鉄則』

 

幼児のうちにやった勉強は公文だけ

小学校の勉強は、公文だけに任せて、時間を有効に使う

色々やりたがる娘ですが、
小学校に入る前に、
家でも習い事も含め、


小学校でやる勉強は公文でしかやってません。

逆に言うと、公文を習っていたおかげで、
家でも他の習い事でも、
小学校に関するものに関しては必要なくなったので、

幼児の時にしか伸びない他の能力
を伸ばすことに集中できたというのが本音です。

親の時間が節約できる幼児への教え方

小学校入学前に、出来ていたほうがいい事は、公文に任せた。結果、効率よく、私の時間が増えた。

さらに、本来であれば、
小学校に入る前にこれぐらいは・・・ と、
親自身やるべき内容を考えて、順もつくって、 購入してきて・・・とやっている方も多い作業を、

すべて公文に任せられたので、

ドリルも必要なく、
私が何をするべきか考える必要もなく、

私自身の時間もかなり節約でき、
その分、公文でもらってくるプリンをやっているのを見ててあげたり、
他の事に時間を使えたのが事実
です。

幼児の脳の能力 能力(成長具合)に合わせた勉強内容

幼児の能力に合わせてドンドン進める。それが公文のいいところ

幼児の勉強は年齢に合わせたモノが多く、

なかなか、

各個人のできる能力にあわせて進んでくれるものがないのですが、

公文では幼児でも年齢が関係なく、
出来る部分はドンドン進め、
出来ない部分は理解できるまで
同じところを繰り返すので

(※この同じところを繰り返すのには多少、反対の部分もあり、飛ばせる部分は飛ばした方がいいかな・・・と)

とにかく、
伸びる部分をドンドン進めて伸ばしてくれます。

 

なので5才時点で数学は中1教材、
英語は3学年先以上先、
国語は2学年先まで、進んでいけました。
 

基礎も大切だけど、ドンドン進めれるのも大切
これも年齢に合わせた習い事をしていたら、

できても、できなくても、
5歳レベルの内容だったわけなので、

そう考えると公文でよかったと思います。

幼児にとって、公文がいいか?悪いか?

習う前にインターネットで調べていたら、

公文に対する賛否両論がありました

が、
私が思うには・・・ですが、

出来る事を増やしてあげたい、
小学校の勉強の先取り、つまづいてほしくない、
勉強を楽しんでほしい・・・ であれば、

公文はとても役に立つし、いいと思います。

 

能力にあった問題で、自分で考え勉強の習慣も。小学校前の不安もなし、公文が問題じゃなく、先生の違いじゃないかと。

現に娘も勉強が好きになってますし、

まだやったことのないような問題がでてきても、

聞いて、やってみよう!という姿勢が付きました。

これは、公文でついた姿勢だと思います。

最近だと、
6才になったばかりですが、はじめて
”連立方程式”
が出てきたのですが、
例問題を見て、

「ココが - だから、こうなって、こうかな?」

という感じで、スグに出来るようになって、
2枚目からは1人でやってました。
(前日に公文教室で一通り教えてもらったようですが) 

 

先生がカギを握る
一つ言えるとすれば、

公文以前に、
幼児の力を伸ばそうとしている先生か、
ただただ、年齢にあったところをやらせることが好きな先生かにもよるところが大きい

のかもしれません。
(公文に関しては初めていった教室でグングン伸びたので、教室を変わってないのでわかりませんが・・)

幼児期からの勉強習慣

出来る事を増やしてもらい、考える力も付き、
私の時間も節約でき・・・

その他、色々と効果があった公文ですが、

もう1つ大きな効果があり、勉強習慣が身につく


という事です。

 

3才から初めて、4才には勉強が習慣

私やパパもそうなのですが、
小3ぐらいを思い出しても

”勉強習慣”

というものがなく、ただただ意味も分からず、
出された宿題をやっていたのですが、

”なんとなく”
”おこられるから”
”いわれるから”

が理由でした。

しかも、
ズ~と遊んでいただけの幼児期の生活から、
小学校に入り、
いきなり”勉強”というものが始まり・・・と、

意味が分からなかったなぁ・・・と。

 

ですが、
私が小学校の時に、同じ教室にいた子でも、
いきなり勉強ができる子なんかは、
公文かはわかりませんが、

小学校に入る前から勉強してて、
勉強をする習慣がついていたから、
のみ込みも早く、
勉強自体を楽しめていたんだなぁ… 

と、今、娘を見ていて
そうなっているのを目の当たりにして、
気づけた事実でもあります。

 

当たり前の事を当たり前に教えてあげれて
よかったと思います。

幼児に学習習慣がついて良かった事

私見ですが、
勉強や理解力に関しては、
すこし余裕が出来た
と思うのと、
4才時点では勉強の習慣がついていたので、
かなり安心でした。

そして娘自身も、
いろいろなトコロで褒めてもらえるので、
さらに勉強が好きになり、
小学校の勉強を凄く心待ちにしてました。
(まだ6歳で小学校前なので・・。) 

 

遊びと同じで、
勉強も当たり前と言う感覚になっていたので、
遊びも、親から見たら勉強も、
同じレベルで自分から取り組んでくれていたのは、

本当に習慣のたまもの

だと思いました。

公文の先生に任せきりより、家では家の学習方法

任せっきりではなく、幼児の今を知る。やりやすい方法が一番。

公文で習ってるから、家に帰ってきても1人で公文をやらせっぱなし・・・ 

では、

幼児なので、なかなか進まない部分もあります。

親はいつまでも先生
また、幼児のうちは、得意、苦手、
こういう風だとよく考えれる!
と言うのを知っているのは親になるので、

公文の教室では公文の教え方、
家では公文の学習方式
に沿いつつ、
子供が能力を出しやすい学習方法で

公文のプリントを進める(勉強の教え方)のがいいと思いました。

その結果、
理解しているかどうかは公文の先生が判断して、
進み具合を調整してくれるので、
子供の理解度も、苦手な部分も、
親も理解できるので・・・・・。

幼児のうちは能力を伸ばし、
公文で確かめ 相互関係

相互作用でわかる。ソロバン=算数。読書=国語、英単語=英語。目に見てわかる成果

これは、想定してやった事ではなく、
結果としてそうなった!
という嬉しい結果なのですが、

習い事は公文のように、
目に見えるものばかりではなく、他の事も、
娘がやりたい!!
と言いだしたことは色々やってきました。

 

その結果、
公文の進度という、わかりやすい結果
として出た事で、
例えば公文の国語に対しては読書ですし、
公文の数学に関してはソロバン
公文の英語に関しては英検の単語暗記や読書もはいりますが、
ソロバンがグングン伸びた事で、
公文=小学校の勉強でも、
かなり通用し伸びた上に、
計算の復習にもなりました。

 

出来るようになった時。私との勝負で勝った時。達成感が嬉しいようで。

インプットアウトプット
また英単語を覚えたことで、公文の英語もドンドン伸びた上に、
公文で復習にもなるように、
相乗効果で伸びていく事がわかりました。

 

私の中では、
ソロバンや読書は、能力を高めるモノ、
英単語は、覚えて使えるようになるのを目指すもので、
公文は毎日継続させるもの。

 

幼児の習慣という考えなので、全く違うのですが、
出来る部分をやりつつ、
ドンドン上に進めていける公文は、

いろいろ学習できる、
小学校の予習になる、
他にやっていることの結果も見える・・・
と、

やっぱりお勧めだったりします。

苦手な教科ほど、
やっててよかったと思える公文

先にも書きましたが、

英語ははじめてから1年ぐらいで
小5教材”3学年以上先”、

算数は、はじめてから3年で
中1の教材なので”7学年先”、

この2つは凄いな~と思っていたのですが。


娘の場合は、
国語が苦手なようでして、
初めて3年たっても”2学年先”という結果。

3年やっても”2学年先”しか理解できてないので、

沢山読書して、本が好きな割には・・・
かなり結果が出てない=苦手な教科なんだなぁ・・

と知れました。


もし、公文にもいかずに、
いきなり小学校だったら、
国語の理解度や進歩状況は結構大変だったんじゃないかな・・と考えると、

あらかじめ、苦手な教科が分かっているので、
わかりやすく説明してあげないとダメだなぁ・・・とか、

小学校が始まったら、
国語の復習は少し、しっかり目にやっておかないといけないな・・・という準備ができ、

進度表が大変役に立ちました

進度表があるから、今の幼児のできるレベルがわかる。得意不得意がわかり、苦手に気を付けて進んでいける。頑張った子には、記念品や盾がもらえて、モチベーションUP&努力の大切さに気付いてました。


早い時期に私自身が知れたので、

小学校
に入ってから、
苦手な教科にならないようにしてあげる手を打てる

という意味でも、
その手を打つ手段の1つが公文という意味でも、
公文でよかったな・・・・ と思います。

幼児の公文の教え方

本来はそれぞれの教室の先生の指導に従うのが一番いいのかと思いますが、ここでは娘の場合を。

家の宿題のやり方で差がつく
公文を始めたばかりのとき、(娘でいう3才)は、
1日30分でもいいので、

一緒に座って、
楽しい雰囲気を作ってあげる事で
ドンドンやりたがるので、

「やりなさい」
ではなく、
「一緒にやろう」
とか
「勝負しよ」

と、ある程度、公文の宿題に慣れるまでは、
楽しんでやれるよう
工夫してやってあげるのがポイントだと思います。

 

幼児の脳に、はじめに、
“楽しい時間”
と記憶させると、
色々と楽だし、幼児も楽しめるので。
 

そして、数カ月して慣れてきてからが、
癖や、今後の要になってきますので、その部分を。

①宿題を持って帰ってくる

まず、
今日もらってきた宿題を一緒にみて、
復習がてら1~2枚やってもらって、
出来たのを褒める。

癖付けの為に公文から帰ってきてする事。帰ってすぐ1~2枚やる事で、宿題がやりかけの状態になり、次、宿題をするときの入り口がグッと下がり、やり始めが速くなります。それと同時に、公文でやってきたことの復習になり、しっかりと脳に定着して、残りの主題も調子よくできる。

②1日の目安のプリント数を決める

次の公文の日までの日数とプリント数で、
だいたいの1日のプリント数を一緒に考える。

今日は4枚で、明日3枚にしよっか?
や、
今日は10枚の束一つと、明日は5枚にしよっか?
明後日も5枚で・・・とか。

プリントを持って帰ってきた日を含めて考える。

子供によってもらってくる宿題の枚数が違いますが、宿題が出た日を含めて、次の公文弾出にやるには、1日に何枚やるかを2人で見て話して決める。ここで決めておくことで、次の日から、特に何も言わなくても当たり前になるので。

③幼児が集中できる空間を作る

集中して一気にやっちゃえる内容は、
一気にやった方がいいので、
トイレに行って、少し肌寒いくらいの服装
(娘の場合は)
座る前に、大きく深呼吸や、
ジャンプを10~20回とかで血を巡らせる。

これは遊びではなく、勉強の準備なのですが、3才の時から、今現在6才まで、勉強する前は必ずジャンプをしています。やる気スイッチを押すためと、血行を良くするため、そして、酸素を沢山脳にいかせて調子よくするための作業です。


続けていくうちに、この動きをすると勉強・・・ と
ルーティンみたいになるので、
ぜひ、1つ2つ、
勉強の前に楽しく出来る動作を作っておくといいと思います

④やりはじめたら、関係ない話はしない

3才の幼児は、いろいろ途中に話したがりますが、
今後の事を考えると、
勉強中の会話が大切とも言っていられないので、

やる時はやる、遊ぶ時は遊ぶのメリハリを教える

為にも、

年齢は関係ない。3才からの癖付けで、やり始めたら集中する。6才の今は、区切りがつくまで集中できるようになった。

プリントをやり始めたら関係ない話をしてきても、プリントの問題に関連付けたりして、話を戻すようにして、区切りがつくまでは、プリントの内容以外は相手にしないようにします

どうしてもムリな時は、
1枚とか2枚とか終わった所で区切りをつける。

そうしてきたことで、
6才の今は、区切りがつく(大体終わる)
30~50分は集中して最後まで出来るようになりましたので、
これも、幼児の年齢に関係なく、
公文をやり始めた時の癖づけが大切
だと思います。。

⑤できるだけ先に詰めてやる

1日目は5枚と決めていたとしても、
調子がいいようであれば、

明日の分も今やっておけば、
明日は○○しようね!
等と、

楽しい事、やりたがる事を話に出して、
出来るだけ全部、
早く終わらせる方がいい事を教えながら進める。
※これは後々、先回しの癖が付き、後回しが嫌いになるので、おススメです。

先回しの癖をつける。どんどん先回りすることで、本人も楽なのと、同じ量をやっても褒められて、先回しの癖がついています。6才現在では、新しいトコロや、難しいトコロ以外は、もらってきた日に終わらせちゃう癖がついて、それが当たり前になってきます。

⑥間違ったものは出来るだけ早く直す

幼児のうちは、簡単なものが多いので、
パッと全部見て、
あきらかに違っている部分は、一緒に考えて、

「本当にそうなるかな?」

という感じで一緒に直す。

その場で直した方が当然いいので、
家事やその他の事をしていても、
たまに見てあげて、
なるべく早く間違えている所を見つけてあげて、
間違えてる元に気づかせてあげてる

勉強は間違えている部分をできるようにすることなので、間違いをできるだけ早く見つけてあげて、なるべく本人に気づかせてあげてスグに直すようにします。


どうしても間違いに気づけない場合は、
消してやり直すのですが、
やり直して出来ればいいし、
また間違えたら、その瞬間に

”そこっ”

と教えてあげて、
自分がどこで間違えてるのか気付せてあげる
といいです。

⑦終わったすぐ後は、少しでも一緒に遊ぶ

公文のプリントが終わった後は、
一緒に幼児がしたい遊びに付き合ってあげる

事で、次からも

終わったら○○して遊ぼう、
早く終わらしちゃお!!

という癖付けにもなるので、
少しでも一緒に幼児がしたい遊びに付き合うといいです。

娘の場合は
3才のときは粘土遊びや外遊び、
カードゲーム遊びでしたが、

6才の時は、将棋や細かいパズル、
ボードゲームをねだられてました。

調子よく終わった日や、余分に頑張った時などはもちろんですが、宿題が終わった後は、毎回何かしら遊ぶことで、早く頑張ればママと遊べる!と頑張る元にもなるので、時間的に難しくても、がんばった後は、何かしらの遊びをしてあげるといいです。

 

もちろん、うまくいく時ばかりではないし、
グズル時もありますが、

習慣付けが大切なので、
今日はもういいや・・・ハァ・・・という日を作らず、
グダグダでも決めた分だけは一緒にでもいいからやる
!!

という気持ちで付き合ってあげる時も
大切だと思います。

また、出来るだけ宿題は早く終わらせる!!
というのも習慣になっていくので、
まずはそれらが当たり前になるように 

当たり前を徹底する事が大切

だと思います。

成績がイイ子の親が実践している
『10の鉄則』