3才の幼児へのローマ字とアルファベットの教え方ですが、大人とは違い、ローマ字も英語も同時に、しかもスグに覚えちゃうのが幼児でして、幼児ならではの脳が関係してます。ここでは、早く覚えさせれる教え方をご紹介

3才の幼児が
ローマ字とアルファベットを覚える

初めて見たコナンとゲーム。やってみたい!!興味が始まり

2才前からパソコンに興味を示していた娘が(私がパソコンを触るのをみていて)

3才の時に市が運営している
”ドリームシアター” に行った時に見た、

”タイピングソフトをやりたい”
と言いだしたのが教える事になったキッカケ
でした。

 

興味を持った事は何でもOKのスタンス
まだ、3才半ぐらいだったので、
必要ないし早いかな?と思ったのですが、
どーしても
「あの(コナン)タイピングがしたい」
(ちなみに家ではコナンのTVは見せたことがない)
というので渋々・・ という感じでした。

 

パソコン・ブラインドタッチ
3才11ヵ月


結果、
1~2カ月で
アルファベットとローマ字を覚え
る事ができ
(他にも同時進行してものあり)

そこからパソコンのタイピング練習
に入る事ができました。

動画は3才11カ月の時のですが、頑張って、
ようやく幼児用タイピングが出来た時のです

その時(3才半)練習方法のご紹介です。

 

成績がイイ子の親が実践している
『10の鉄則』

 

幼児(3才)へのアルファベットの教え方

パソコンの為だったので、
ローマ字だけでいいかな?とも思ったのですが、

ローマ字に比べると、
英語の方が文字数が少ないし、
歌もあるので、

先に英語だな・・ となり、
”A~Z” をうたって覚えました。

 

数も足し算も、英語も、まずは言葉で覚える。大きな声で楽しく遊ぶ

もちろん・・・ 
初めは
「お風呂で遊びながら」です。

私が何度も歌ってあげ、真似して

「えーびーしーでぃーいーえふーじぃー」
という感じです。

これは
3才半ぐらいでもあっという間に覚えちゃうので、
次に
”A~Z”のお風呂に貼るシートを買ってきて、
指をさしながら”A~Z”を言う。

 

その後、
私「E~」 と言ったら
娘がEを指すという遊びで、
ランダムにいってき、

スグ指を指せるようになるまでやるのですが、

同時に、
国語のノートみたいなますがあるノートで
”A~Z”をかいて、
歌と同時に言って書くという方法で覚え、

最後は、
私「F」と言ったら、
Fを書けるようになるところまでです。

 

お風呂は覚える入口に最適
ここまでなら1~2週間ぐらい
で出来ちゃうので、
朝~夕まで、
時間がある時は詰めて何度もやると、

アッという間です。

 

なんとなくローマ字の前に英語
(アルファベット)としたのですが、
タイピングをしていくにあたり、

結果、この順番でよかったと思います。

幼児へのローマ字の教え方

次にパソコンで使う為のローマ字になるのですが、
”足し算” と ”掛け算” の時と同じで、

”こんがらがらないか?が”
心配でしたが、

”掛け算””足し算” の時と同様に、
全く別のものとして理解できるので

同時進行で大丈夫です。

幼児って凄いですね。

 

本気やりたがっている時は、遊びの要素を少なく真剣に

ココからは
3歳半の娘自身が
”やりたい”
と言い出した
パソコンの事なので、

遊びの要素を少なくして教えていきました。
※幼児は自分が興味があるものには凄い力を発揮するので、遊びでやるのはもたったいない。

 

まず、”AIUEO"を覚えてから、
次に
”A,KA,SA,TA,NA,HA,MA,YA,RA,WA”
を教えて上げ、

そこから一段ずつ”KA,KI,KU,KE,KO”と、

頭のローマ字だけ違うよ!!
というイメージで教えます。

 

これらは、私は国語のノートでやってましたが、
後で思うと、
英語のノートでやった方がいいですね。 

ローマ字も、英語みたいにスグ覚えるのかと思いきや、ローマ字は少しわかりにくかったようで、
”A(あ)~N(ん)”
まで覚えるのに少し時間がかかりました。

 

2~3週間かかったと思います。

幼児は色々と同時進行できる

3歳半~4才だったのですが、

この年齢は吸収力が凄く

好奇心もかなり広く大きいので、
いろいろな事をやりたがります

 

ひらがなも、ローマ字も、英単語も、ながらでもいいから、覚え中はとにかく日常生活に入れ込む

なので、
私の場合ですが、
基本、

やりたがる事は何でも手を付けるのですが、
全部を10分や20分と、大体の目安だけつけ、

やりだした順番が早いものは、
1日を通して、朝、昼、夕、晩、関係なく、
遊びを含め、

なるだけ日常生活に入れ込んでやりたぐり

出来るようになったら次の順番にやりだしたものを、日常の中心にもっていき、
ドンドン出来る様にしていく感じで進めていくので、


同時進行が出来る
やりたい事が多すぎる時は
(第1ひらがな、ローマ字、英語、掛け算、足し算・・ 
第2ソロバン、ピアノ、パソコン、英語・・・)
と同時進行で遊んでましたが、
色々同時進行だけど、

1日中を通して集中的にやるのは1つにして、

出来る様になったら次・・ 
というように進んでました。
(ピアノやソロバンに関しては、毎日継続してする必要があるので、20分や30分と決めてこなすようにしてました。)

・同時進行出来る例えばの例・

ひらがなの時は、大体出来るようになった頃に、
足し算をはじめ、
ひらがなが完ぺきになったぐらいに読書に切り替え、
足し算の途中で掛け算をはじめ、
その途中にローマ字をはじめ・・・ 
という感じです。

が、
そのころの中心になっていたのは、
はじめは”足し算”で、
次は”掛け算”
次が”ローマ字”という感じです。

 

色々と同時にやりつつ、
”1つずつ倒していく”
という感じです。

英語とローマ字を幼児に教える手順

3才半だった娘に、
英語(アルファベット)とローマ字を教えた手順を書きます。

6歳の今となっては、周りでも普通になってますが、覚えた当初は3歳半だったので、

『どうやって教えたの?』

と聞かれたので、
少しでも役に立てれば・・・ と思います。

①初めにアルファベットの”A~Z”を歌で覚える

まずは、
お風呂や、TVを見ながらでもいいので、
ABC・・の歌
を一緒にA~Zまで歌えるようにしてから、

次に1人で歌えるようにします。

まずは、大きな声で楽しく言うだけ。100%遊びで、楽しくできる入口なのでやりやすいですが、まずは、大きな声で、一緒にA~Zまで言う遊びです。


これは100%楽しみながらで覚えれるので、
何度も何度も一緒に歌ってあげると早いです。

②A~Zを見ながら言う

次に、
お風呂に貼る大きなシート等を使って、
”A~Z”
を、指さしながら言えるようにします。

これは、歌で覚えたものと、
アルファベットを繋げる作業です。

写真ではノートを使ってますが、3才当時は、ノートとお風呂シートを使ってます。いままでは口で言っていただけだったA~Zを、実際にアルファベットを見ながら関連付ける作業。

③A~Zのアルファベットをランダムに聞いて指をささせる

私「F」 と言ったら、
スグに”F”を指させるぐらいになるまで、
ゲーム感覚で、

言葉とアルファベットを脳の中で一致させていきます。

次に、ランダムにA~Zを言えるようにしていきます。同時に、私が指さした府アルファベットもスグに言えるようにします。

④A~Zのアルファベットを書けるようにする

初めは”A~Z”の順でいいので、
アルファベットを書けるようにする。

私は国語のノートを使いましたが、
英語のノートがいいと思います

次に、今までA~Zをみていたノートを使って、その死兄、真似して、口で言いながらA~Zを核連取をします。初めの内は上にお手本を描いてあげてやりますが、徐々にお手本無しでA~Zを言いながら書きます。言えるけどかけないアルファベットは飛ばしておいて、Zまで書いてから、
																	   穴を一緒に埋めていきます。

⑤ランダムに言われたアルファベットをスグかけるようにする

次に、私「Q」 と言ったら、
ノートに Q と書けるようになるまで繰り返す。 

ここまででアルファベットは終わりですが、
1日10分ぐらいずつでもあっという間に覚えちゃいます。

言ったあふふぁ別途をすぐ書けるようにする。アルファベットは覚えやすいようで、毎日練習するだけで、スグに覚えちゃいます。

⑥ローマ字の”AIUEO”を書いて教える

ここまで、はじめからノートに書いて覚える
というのはなかったので、
初めて書いて覚える事になりますが、
タイピングの為という名目があるので、
まずは、ローマ字の基礎になる 

”あいうえお” → ”AIUEO”

を、口で言いながら一緒に書いて教えます。

いよいよ目的だったローマ字を覚えていく段階。先にアルファベットを覚えているのですが、ローマ字の練習は言ったら、ローマ字読みにします。アルファベットが描けるようになっているので、ここは簡単に進んでいける部分です。


ココではローマ字なので、
”A→エー” とか
”I→アイ” と言わず 

”A→あ”
”I→い”

で統一します。

⑦次に”A,KA,SA,TA,NA・・・N”までの先頭を教える

”AIUEO” の次に  ”A”  だけつく、
最初の列だけを教えて覚えちゃいます。

この段階でこれを覚えるだけで、
かなり教えるのも、おぼえるのも楽になりますので、
先頭のローマ字だけです。

ローマ字のあいうえおaiueoを覚えたら、次を覚えていきます。これをすることで、aiueoがつくだけで、あとは、頭の文字が変わるという事を理解するので、この後のローマ字を覚える時、思い出すことが楽になります。3才の幼児でも簡単にできるようにした結果、このやり方が楽でした。

⑧一列ずつローマ字を覚えていきます

次は、

”AKASATANA・・・N”に沿って、
”AIUEO” をはめるだけなので、

口で言いながら、
何度も書いていく事で自然と覚えられます。

先頭のローマ字を覚えちゃえば、あとは、aiueoに沿って、先頭を付け加えてくだけなので、大きな声でいいながら書いていきます。初めの段階なので、順番通りでいいのですが、ただ、無茶苦茶書いていると、ランダムに書く時に困るので、1つずつ、ゆっくり丁寧に書きます。で、できるようになったら、先頭の文字を先に書かずに、あいうえお順で最後まで書けるようにします。


まだ順番に書くだけでいいので、
サッと書けるまでやります。

⑨ランダムでローマ字を書けるようにする

いよいよランダムにローマ字を書けるようにする段階です。初めのうちは、幼児の頭の中で検索が行われるので遅いですが、何度も繰り返すうちにどんどん早く出てくるようになるので、遊びのようにやっていきます。

はじめのうちは 
『の』 
と言っても書けないこともあるので、

『あかさたな・・・・なにぬねの”』

という感じで思い出させて、

”あかさたな”・・・・の”な”だから、
”NA” で、”なにぬねの” の
”のぉ” だから ”O" だから ”NO” だ!
というような感じで、
頭の中で考え出てくるようにして、
何度も繰り返し、

私「け」、
娘『かきくけぇ・・・だから ”KE”』  と、

スグに書けるようになるまでして完了です。

⑩ローマ字でいろいろ書けるようにする

言って、
そのひらがなをスグに書けるようになったら、
自分の名前や、家族の名前、
物などを言ってあげて、
それを早くかけるようにします。

私「テレビ」 
娘『TEREBI→てれび』 

という感じです。

ローマ字の最後になりますが、ローマ字をひらがなのようにとらえるようにするため、1文字づつではなく、単語、言葉として書く練習です。3歳児は知っていること自体少ないので、身の回りにあるテレビ、terebiという感じで、さっと書けるようになるまで、いろいろな単語をいってあげて、わからない場合や、時間のかかるものは集中して書けるようにしていきます。これでローマ字を覚えるのは完了して、娘の場合は目標のパソコンでタイピングの元が出来ました。


ここまできて、ようやくパソコンに打つために覚えたローマ字が完了しました。

あとは、もともとやりたがっていたコナンのタイピングに任せたのですが、

5才時点で・・・ 

幼児用のソフトではモノ足りなくなり、
大人用のタイピングソフトで私より早くタイピングできてました。

 

成績がイイ子の親が実践している
『10の鉄則』

 

ローマ字でも、アルファベットも
教える前に興味や目的が大切

分からない事は一緒に調べよっか。これなに?

興味の持たせが大切
娘の場合は、
3歳半の時、
パソコンのタイピング
から興味を持ちだし、

その為に必要な事を教えた初めが、英語とローマ字でしたが、

本人に興味がないと、なかなか難しいし

幼児自体が楽しめてないと、覚えるのにも時間がかかるので、
TVに出てくるアルファベットや、
お菓子に書いてあるアルファベットでもいいので、

興味を持たせ、幼児本人から
「これなに?」
といった疑問を持たせてあげてください。

幼児が英語(アルファベット)や
ローマ字を覚えるのにかかる期間

ここに書いた⑨までだけであれば、
1~2カ月で覚えちゃうのが幼児ですが、
これらをやっているうちにも、

記憶力や思い出す力がついてきますので、
今までにどんな事をやってきたか、
覚えてきたかで大きく変わる

と思います。

期間は、幼児のやる気と、教え方と、日常生活。学習能力と、学習の癖がついていれば、興味の度合いで上達して、アッという間に越されちゃう。その興味の度合いも幼児は親次第。

 

娘でいうと、
ひらがなを覚え、足し算、掛け算ときて、
同時進行中でしたが、
はじめて英語のアルファベットを見てから
ローマ字まで、

スラスラ書けるようなるまで1~2カ月でした。

 

もちろん
興味をどれだけ持っているかや、
それらを覚える目標があるかないかで大きく変わる
と思います。

そして、私よりも
ローマ字入力でのタイピングが早くなるまでは、

半年もかかってないです(;´・ω・)

幼児 3才半~4才で
アルファベットローマ字を
覚えてよかった事

ローマ字を覚えたことで、英単語も覚えやすくなった。相乗効果で6才で3級まで暗記。

元々、目標があって始めたのですが、早い時期に覚えたことで、

パソコンのタイピング

で楽しめるようになった事が、本人にとってはかなり嬉しかったようです。


出来ることが増えると興味も増える

そして、ローマ字を覚えたことによって、
英語にも興味をもってくれて、
自分から公文の英語をやりたいと言い出し、

英単語にも興味

を持ち覚え始めるきっかけになりました。

 

英単語では 
『inportant』を見て「インポルタント?」と、
初めて見てある程度ニュアンスがあったり、
2~3回 「インポータント」だよ 
と教えると、スグに覚えれちゃうのも、
ローマ字をしっかり覚えたからだと思います。

また、看板のローマ字を読んだり、
英語をローマ字読みして、
間違えながらでも知識を増やしていくことができ、


6歳の時には、

公文の英語は3学年以上先学習(小5か小6)、
英単語も英検3級レベルまでの単語を覚えて、
特に力を入れて教えてなくても自然と覚えてくれました

 

5才の時には、ママより早くタイピング

そして、パソコンでは、
5才時点で、
仕事で毎日パソコンを使ってる私よりも早く打てるようになり、

さらにタイピングのおかげで、ローマ字やごりんも増え、目標だったコナンの小学生用は終えてしまい、

大人用のコナンのタイピングソフトで遊んでいます。

 

ローマ字を幼児が覚えたことで、
英語、パソコンと興味の幅が増えたことは、

私としては大変大きな収穫でした。