クラシックギター 6歳 初めての発表会 ディベロティスマン

金曜日 , 3, 11月 2017 クラシックギター 6歳 初めての発表会 ディベロティスマン はコメントを受け付けていません。

ピアノの発表会やコンクールは何度か体験していて、
人前での発表が大好きな中娘ですが、(上手、下手は別として大好き)
今回は、初のギターの発表会

 

大丈夫かな・・・ と心配していたのですが、
中娘にとっても、体全体をお客様に向けて弾くクラシックギターの発表会は初めてなので、体の動きで緊張しているのが伝わってくる

 

ピアノと比べると、堂々さがちょっと違う感じでして、目線がキョロキョロ

 

クラシックギター 6歳 初発表会 ディベロティスマン

心配してたのですが、弾き始めたらなんとか・・・・
調子が出てきたようで、大きなミスもなく無事に演奏が終了しまして

 

今回の発表会では、子供は中娘1人で、後はみんな大人の方ばかり、
終わってから 『緊張してた?』 と聞いてみたところ、
中娘 『全然緊張しなかったよ
との事

 

 

私だけが緊張してただけか・・・ と思いきや、
隣に座っていた旦も、かなりドキドキしてたようで、
親2人そろって 『とりあえず・・ よかったな・・・ 』 と胸をなでおろす感じで

 

 

と言うのも、練習の時、5回に1回・・・ 4回に1回ぐらい
毎回、同じところでループしちゃうところがあったので、
発表会で緊張していて、ループしちゃったら・・・・ と
(毎日だいたい30分ぐらいがギターの練習ですが、ループをするとやり直すので40分ぐらいになっちゃう日が度々あった)

 

 

演奏が終わってから、

先生 『中娘ちゃんは本番に強いですね

と、お褒めの言葉をいただきまして

 

 

 

本当は、練習でも、本番でも強い・・・
毎回、完璧に集中してくれるのが1番なんですけどね

 

 

自分の演奏の時以外は、ほかの方の演奏を聞いてたのですが、
クラシックギターだったのは中娘だけでして、
バイオリン、ピアノ、マンドリン、アンサンブル、二胡、フォークギター
といろいろな楽器の演奏で

 

 

 

で、発表会が終わってから、フォークギターを聞いた影響で

中娘 『次は歌いながら弾きたい

と、1年やそこらでは無理そうな目標を

 

 

弾きながら、ただ歌う  なら、練習すれば出来そうですが、
もともとが音痴なので、歌を上手に歌うのは・・・・ 1年やそこらでは到底無理だろうなぁ・・

 

でも、上手に歌えないと、発表会ではお披露目できないしね
(歌は数年前から練習してますが、酷いという一言)

 

 

目標は高い方がいいけど、到達できるかどうか!? というレベルのものにしようね

 

 

なので、弾いてみたい難しそうな感じの曲をギターで弾く を目標にする感じで
弾き語りの ”語り” は家族の前だけで、発表会では ”弾く” ダケの方向で