ソナチネ4番 Op.55No1 6歳ピアノ 練習1ヵ月

木曜日 , 16, 11月 2017 ソナチネ4番 Op.55No1 6歳ピアノ 練習1ヵ月 はコメントを受け付けていません。

発表会が近い事もあり、発表会曲の練習がほとんどなのですが、
毎日同じ曲を練習していると・・・

どんどん練習がいい加減になってきまして

 

それこそ、先月の方が丁寧で上手に弾こうとしてたのに、今では1つ1つの音をしっかり押さず、難しいトコロはなんとなくの感じで弾いてっちゃってるという部分も多数出てきてる

これじゃ、発表会の曲を練習する意味が全くないどころかマイナスに

 

なので、それを防ぐためにも、少しほかの曲を入れてるのですが、

その防ぐための曲を練習する為に、本気で練習しないといけない発表会の曲を サッ と終わらせようとしたりしまして、どうしたらよい
(新しい曲を、とにかくまずは押せるようにしたがる傾向が強い)

 

ちなみに、少しほかの曲の練習としてしてたのが、ツェルニーの
ソナチネ4番 Op.55,No.1 ピアノ 6歳 練習1ヵ月

これもそうなのですが、練習し始めは音にも気を付けて、丁寧に丁寧に練習してたのですが、前半を先に弾けるようにして、後半を練習している期間で、前半がどんどんいい加減になっていき・・・・・

 

弾きにくい音の部分は、弾きやすいように音を変えちゃってたりしまして、
私では聞き分けれないので、先生に言われて初めてわかる事が多数ありまして

先生に指摘されるたびに・・・
あー、先週1週間、全く違う音を押してる曲をきいてたんだなぁ・・ と何とも言えない感覚に

 

そして、その指摘された前半を直しながら1週間練習すると、今度は後半を弾きやすいようにオリジナルの音にしてたり

 

 

曲が難しくなっていってるのは分かるのですが、
以前よりも曲を弾けるようになるテンポが遅くなってる気がするのと、
1人で練習したがるのですが・・・・

 

これは成長した証じゃなく、1人の方が注意されずに、弾きやすい音で弾けるからなんじゃないか!? と分かってきまして

 

私が行くと

中娘 『ママ、1人で練習できるから大丈夫』 とか

中娘 『練習して最後だけ聞いてくれればいいからね』 とか、

もっともらしい事をいうのですが、私が聞いてる時だけ、楽譜をみて音を合わせて、
見てない時は楽譜をほとんどみずに、なんとなく弾いてるんじゃないかな・・・ と・・・・

 

 

で、途中聞いてて 『ん?おかしいな?』 と思って聞くと、いつも必ず、100%

中娘 『ううん、合ってたよ! ちゃんと見て練習してるから』

が口癖のようになってまして、全く認めようとしない

 

私なので、小さな音のミスや、リズムが違ったりは残念ながらわからないのですが、
明らかに音が違う時は、なんとなくわかる (それでもなんとなくですが)

 

 

本人はピアノが好きと言ってるのですが、このまま、ナーナーでやらせてあげてていいものか??
そのうち年齢と共に、綺麗に丁寧に弾きたくなるようになるのか??
(今は、とにかく先生に合格をもらえる感じで最低限ひけてればいい・・ という感じ)
最近は、毎日、30分~1時間ぐらい練習してるのですが、これを違った使い方をした方がいいんじゃないか??

 

普段の練習を見てたり、隣に座って教えたりしてると、いろいろ考えちゃったりしまして

 

 

勉強にしても習い事にしても・・・
ズート同じ方法じゃなく、いろいろとやり方を変えた方がいいのかなぁ? とか、
例えばピアノでは、練習を変えた練習方法なんてあるのかな? とか

 

 

発表会が近いので焦りつつ、2曲とも暗唱したいというので期待はしてるのですが、
どうも中娘が言うことと、現実にやっている練習の集中度&結果が違う
言ってる事とやってる事に差ができてきてるな・・・・   と