集中力は幼児だからこそ高めれる。幼児に合わせた集中力の引き出し方で、幼児期の内に集中力の土台を作る。興味を持った時が集中力を鍛えるチャンスで、好奇心旺盛なようじだからこそ、自然と集中力を高めれます。幼児のやりたいという気持ちを引き出し、維持し続ける元を親を作ってあげれば集中力に繋がります。

集中力の土台は幼児期に伸びます

大人が集中力を伸ばそうと思うと大変ですが、
幼児(3~4才)ぐらいからであれば、
自然と楽しく伸ばすことができます。

幼児(3~6才ぐらい)は集中できる時間が 

年齢 + 1分

と言われていますが・・・・


育つ環境で変わる
4才から
公文やソロバンで30分のテストをしている子が
沢山いるので、
やり方次第で大きく伸びるということですね

幼児の集中力は伸びます。1人で集中して座っていられる時間。3歳の時15分。4歳の時30分。5歳の時60分。幼児のうちに集中力をつけてあげる

大きなポイントとして

まずは、やろうと思った事に、とにかくとりかかる、やり始める

・やる気を起こさせる

・集中するスイッチをつくる

・周りの音を入れない

脳のエネルギーを入れる

集中力の土台は幼児期につくられるので、
5~7才までにはつけてあげたいですね。

幼児のやりたいという気持ちを引き出す方法

では、ほかっておいて集中力が上がる?
というと無理だと思います。

当たり前ですが大切なこと
やはり子供なので親の助けが必要で、
親が率先して気をひかせて
集中できる状態に持って行く事が大切
です

遊びも勉強もやる時は・・・。集中してやる癖をつける

口頭ではなく
態度と行動が大切で
集中力が高まるのは興味をもって楽しんでいる時なので、
遊びでも一生懸命集中して遊ぶことを教える。

 

お絵描きやパズルにしても
はじめの10分でもいいので
親が一緒に座ってあげ、
”比べっこ”や競争をして集中させる

競争心を持ったら、勝手にでもやり始めるので、
そこまでは一緒にやってあげる事が大切
です。

楽しい事と競争する気持ちを持った時が、
集中力を鍛えれる時
なので、
そのチャンスを逃さずにとことん付き合ってあげる事が、2.5~4歳ぐらいまでは大切です。

年齢に合わせた集中力の引き出し方

私は言葉が話せる(ある程度理解できる)
3歳が区切れ目だと思うのですが、
3歳前(2.5才)は読書などでも遊びの読書で
机で読みはじめ
(この時からだいたい決まった時間に読んであげる)
机の上で遊べる磁石やお絵描きなどの
机上の遊びで集中させ、
机上は遊ぶ場所、楽しい場所と。

年齢、その幼児にあった集中力の引き出し方。1歳児の時は袋の中の携帯探し。4歳児の時はお仕事の本。その子によって集中することが違う。まずは、我が子の特性を掴み、集中できるところからがスタート

 

3歳を過ぎるとガラッと変わり、
言葉がわかるので、
簡単にできるものから子供の遊び
(大人でいう勉強)
を遊びの中で親との競争を取り入れて始める。

例えば”ソロバン”では、1~10までをはじいて競争する。(わざとギリギリで負けたり、子供の様子に合わせて楽しめるようにする)

まだ3歳では長い時間かかるものはダラダラなっちゃうので、
短時間で出来る物を交互にやったりして工夫する。

 

4~5才になると、だいぶ集中力が付くのですが、
その時でもさらに伸ばしたいので、
親も近くで一緒の事に集中することで、
子供も飽きずに集中できるようになります。

幼児の集中力はどんどん伸ばせます

年齢に合わせた集中力の引き出し方をする事で、
4歳時点で30分~40分のテストを
1人で集中してできる
ようになりました。

 

集中する癖がつくと、集中する時間がふえていく

また、
テスト以外で何か集中してやるときは、
1時間ぐらいは(ソロバン、公文、お絵描き、ソロバン・・・)
椅子に座っていることができました。

5歳にもなれば、
ソロバン1時間、
ピアノ1時間、
読書1時間
と休憩がなくても集中して練習できるようになりました。


色々な工夫をしてあげる
まれに気が乗らない場合でも時間を計ったり、
やる部分を決めて秒数を言ってあげるのも効果がありました。

といっても、
本人に好きになるようにしてきた結果なので、
勉強ではなく遊びの感覚で、
覚える時は親と一緒に時間をギュと凝縮させ、
覚えたのを1人で遊びで練習している感じでした。

例えばピアノであれば、
初めに1人で前日の復習15分、
次に親と一緒に新しい部分を30分、
そして次に今やった事の復習を1人で15分という感じです。

 

ここで大切なのは、
“新しいトコロを覚えたい!”という気持ち
なので、
親に褒められたいという事でも、自分自身が先生に褒められたいという気持ちでもいいので、その気持ちを持たせる事が大切です。

集中する理由は何でもいい・・。~しながらではなく、集中してやる癖をつけることが大切。楽しいから集中。作りたいから集中。勝ちたいから集中。褒められるから集中。ママと競争しているから集中喜んでほしいから集中。出来るようになりたいから集中。負けたくないから集中。思う気持ちと、実際に集中することが伸ばす元

集中力は記憶力の元になる

集中力をどんどん伸ばした結果、
4歳の時に比べると
5歳時の方が内容が難しくなっても
覚えるのが一段と早くなったのは、

集中力と記憶力には深い関係があるからです。

集中力と数を鍛えるために始めた3万書き。集中してやった結果、笑顔がついてくる。目標30000の内20000達成


記憶力を高める為にも、
それ以前に必要な集中力を鍛えるために、
どんな遊びでもくだらない事でもいいので、
親が思う常識にあてはめずに、最後までやらせてあげる

 

集中して頑張ってから達成感もタップリ。だからまた頑張りたくなる。そして集中力がついてくる。

幼児には効きます
場合によって
一緒にやってあげる事
が大切です。

 

勿論、
達成する、
競争で勝つ楽しさも集中力につながります

 

人間の一生の中で、

幼児期は土台を形成する非常に重要な時期

なので、
この時期に子供がどのような土台を形成できるかという事が、
その後の子供の人生の重要度を決定するといっても過言ではありません。